読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かぐらだぶらワークショップ in Vamos [那須]

f:id:kaguradubla:20160830181133j:plain

今年の4月16日に起こった、エクアドル地震復興のためのチャリティーイベントが開催されるということで、

急遽、参加することになりました。

 

定例のワークショップと重なってしまうので、9月11日の桐生市市民文化会館でのワークショップは、お休みとさせていただきます。

参加を予定されていた方には、大変申し訳ありませんが、次回以降でのご参加をお願いいたします。

※次回のワークショップは、11月27日(日)14:00〜16:00/桐生市市民文化会館地下リハーサル室2となります。

 

那須にある南米エクアドルテイストのカフェ「Vamos」が主催するチャリティーイベント。

 

この「Vamos」は、メンバーの石坂亥士と同じ高校、自由の森学園の卒業生がやっています。

 

その後輩さんが、南米のエクアドル出身ということで、エクアドルテイストのカフェを展開してるそうです。写真で見る限り、なんとなく日常の生活空間から抜け出して、エクアドルに居るような雰囲気が味わえる気がします。エクアドルには行ったことはありませんが・・・。

f:id:kaguradubla:20160830191849j:plain

 

ということで、都合のつくメンバーで那須遠征がきまり、現地で子どもむけのワークショップを開催する運びなりました。

 

こういった機会もタイミングとご縁なので、みんなで楽しんでこれたらいなあ、と思います。

 

最新情報〈2016.09.09.〉

ワークショップ開催時間は、15時40分から1時間、参加費は800円になるようです。

詳細は、以下リンクのVamosのサイトでご確認ください。親子連れに優しいお店らしく、授乳室もあるようです。

Animo Ecuador! 4.16エクアドル地震復興チャリティーイベント

 

会場[Vamos]:栃木県那須郡那須町高久乙794-13

 

以下に、イベントの説明を貼付けておきます。

 

家族で楽しくチャリティ♪ をコンセプトに昼11時から夜9時まで
那須で活躍される方々、ワールドワイドに活躍される方々
多くのゲストを迎え、開催されます。

子供たちが参加できるワークショップからお母さん向けのワークショップまで。
一日たっぷり楽しめるイベントです。

おいしいごはんや飲みもの、子供たちの集える図書館のような場所、

優しい音楽、たくさんの嬉しくなっちゃうものが、この日Vamosに集まってくれます。



エクアドル時間2016年4月16日18時58分
エクアドルのエスメラルダス県ムイスネから南南東に約27kmの付近を震央として、

マグニチュード7.8の地震が発生しました。

この地震によって、被害を受けた地域は広範囲に及び、地震での犠牲者は 655人に

上っていて、今なお多くの人々が避難生活をしています。

震災から4か月たち、少しずつ進んでいく復興の歩みはとても緩やかで、

前進と後進を繰り返していますが、その中にいつも小さな

小さな希望の花が芽吹いています。

マナビ―州にある、小さな漁村ハラミホ~JARAMIJO~で

 

唯一震災を免れた小学校も、その一つです。

ハラミホにあった3校の小学校のうち2校は、この震災で倒壊しました。

残った唯一の小学校は、震災で学校がなくなった子供たちを受け入れ
教育の火を灯し続ける場所として、皆の希望の場所となっています。

今回集められる収益金は、この小学校のキッチンのために使われます。

子供たちが、学校でご飯を食べられるように。

地域の方々の集う場所となるように。

いっぱい楽しんで、応援につなげていきたいと思います。