読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

梅田石鴨宵神楽2016

8月20日は、午前中の雨模様の中、雨天決行を決めての開催となりました。

奇跡的に開始時間の前には、晴れ間も見えるほどに天候も回復しました。

 

宵神楽の始まりと!石坂亥士と高峯一憲の神楽太鼓+鉦による奉納演奏が始まると、

にわかに空が曇り始め、雨粒が落ちてきました。

f:id:kaguradubla:20160822160019j:plain

一時ですが、大きめの雨粒が落ちてきましたが、その後は、それほど強くならずに、なんとかなりました。

雨の中、神楽見物にきてくれた皆さんには、関係者一同心から感謝の気持ちで一杯です。

どうもありがとうございました!!!

 

 

最初に登場は、大悟と亘(わあたん)が、太鼓と法螺貝で登場し、音が大きく出ると、

何故かつま先立ちになっていて、絵的にはとても良い感じですが、

不思議な感じです。(リハでの一コマ)

f:id:kaguradubla:20160822191809j:plain

二番目に登場は、同級生コンビの草吉と千寛(ちいくん)。彼らは0歳児からの保育園で付き合いからか、大銅鑼の草吉は後ろ向きは分かるものの、クリスタルボウルのちいくんも後ろ向きに座っての演奏。。。

しかし、なかなか良い雰囲気でした。(リハでの一コマ)

f:id:kaguradubla:20160822191955j:plain

三番目に登場したのは、里桜と瑞季。二人の音が共鳴し合いながら、うねっていきました。(リハでの一コマ)

f:id:kaguradubla:20160822192427j:plain

四番目は、次に現れる宇佐見仁、中村香奈子の両人に繋ぐため、歩と石坂亥士がクリスタルボウルとベルで。

f:id:kaguradubla:20160822194615j:plain

 

 

一気に御神事色が強くなる、三人での共演。

f:id:kaguradubla:20160822193429j:plain

ゲストには、ギタリストの塩島さん、踊りの香春さんも参加していただき、相当な盛り上がりをみせておりました。子どもたち三人編成のクリスタルボウル組に、神楽太鼓、エレキギター。。。。そして、祖霊の様な山の神の様な踊りの香春さん。

ざくろさんは、職人スタイルで、ざくろ節的踊りを展開。

f:id:kaguradubla:20160822155208j:plain

f:id:kaguradubla:20160822194718j:plain

 

こんな感じに、石鴨の夜が深けていきました。

 

来年も開催できればいいねえと、みんなで話をしております。